omiaiアプリでマッチングしないのは必然。婚活には不向き

omiaiを実際に使った感想とレビュー omiai

童貞婚活メルマガ

omiaiは恋活アプリとして多くの人に利用されているサービスです。

このアプリで知り合って結婚をしている人も実際にいるのですから、効果は立証済。

 

しかし誰もがomiaiで自分が理想とする人と出会えるかというとそうでもありません。

非モテがネット婚活なら勝機があるだろうと考えて、参入しても徒労に終わります。

 

この記事では、

omiaiで婚活が成功する人とうまくいかない人の違い【大半の人には不向き】
いいねとマッチ度平均はどれぐらいなのか?無課金は厳しい
女性は有利、男性は不利。それでも使うべきじゃない理由
マッチング後のメッセージやり取り攻略法。コツは1通目を開封させること

実際にomiaiを使ってみてわかった事をこの記事でリアルにシェアをしていきたいと思います。

omiaiで婚活が成功する人とうまくいかない人の違い【大半の人には不向き】

アプリを使って婚活をスタートしようと考えた時に、候補に上がってくるのがomiaiです。

会員数300万人を超えており、自分とマッチング出来る人を見つけられるのでは?と考え、スタートをする人は少なくありません。

 

しかし婚活アプリはスペックとルックスで勝敗が決るカーストゲーム。

僕らのような非モテに参入できる余地はありません。

 

有料会員になり、毎日2時間以上はomiaiアプリを開いて真剣に活動していた僕の感想として、

出会える出会えないでいうと出会える

結婚に対する真剣度は低い(恋人や友達からスタートして数年でゴールインできればいいというスタンスの人が多い)

よほどスペックが良くない限り課金は必須。スタートのハードルは低くても高くつく

というのが正直な感想です。

 

omiaiはきれいな女性会員さんも多く、魅力がある活動の場ですが、結婚相手を短期間で探して成婚するという目的には適していないというのが、僕の結論です。

 

その理由として、まず最初に【女性が有利で、男性が不利な料金体系システム】が挙げられます。

女性ほど有利。男は値踏みされてハイスペ以外はスルーされる

男性と異なり女性はomiaiを無料で利用することが出来ます。

男性は月に3,980円を払わないと有料会員として利用ができません。

 

有料会員になる事でメッセージのやりとり、連絡先の交換、検索結果で優先的に上位表示してもらえるという特典を男性は得ることが出来ます。

 

しかし女性であればこれらの機能を全て無料で利用できる。

omiaiからすると女性の会員に登録してもらって、男性会員にお金を払ってもらうことで運営をしていこうという戦略なのでしょう。

 

実際男性サイドからすると女性と出会えるのであればお金を払ってでも利用したいサービスなので支払いをします。

僕も有料会員として2ヶ月ほど活動をし、二人の方と出会うことが出来ました。

 

ただ、かけてる時間に対してこれは効率が悪すぎます。

お金も時間もかけているのに、これだけの人としか会えないとなると、そこから結婚にまで進展する確率はかなり低い。

 

あなたが超イケメンでハイスペ(高学歴高収入)でもない限り、婚活アプリは無理ゲーなのです。

 

女性サイドで見ても、omiaiを始めとする婚活アプリに手を出すことは全くおすすめ出来ない状況です。

会員登録をすると、プロフィールや写真を掲載してない段階でも、かなりの男性からいいねが届くはずです。

 

そしていいね一緒にメッセージを送り、他の男性会員を出し抜こうとする中級者もいます。

男女比率で言うと、女性の数に対して男性が3倍近く在籍しており、限られた女性を奪い合っている状況。

 

女性は必然的に売り手市場になり、相手の人間性や自分との相性、中立的な立場からの判断が出来なくなります。

特にこれまでモテてこなかった人ほど、売り手市場でちやほやされる経験をしてしまうと、感覚が麻痺をしていきます。

 

結果として、男性会員と会うことが出来ても、遊び目的のチャラい人だったり、女性慣れしてない人で気持ち悪くなってしまったりして、交際にまで発展する人と出会うことが難しいのです。

20代、30代がメイン。アラフォーや40代は難しい

omiaiは20代〜30代がメインの婚活アプリですが、40代でも出会いを見つけることは出来るのでしょうか。

 

僕が使っていた限りではomiaiは結婚相手位を探すというよりは、まずは友達や恋人候補として緩く付き合える人を探す場所。

そんな印象を受けました。

 

というのも女性サイドからしたら無料で使えるのでそこまで真剣に活動する理由もありませんし、ダメだったとしても次に行けばいい。

痛手が殆ど無いわけです。

 

真剣に結婚相手を探している側からするとこれはとても不都合な事実です。

 

恋活アプリではメッセージのやりとりを繰り返しながら、相手と実際に交際を深めるのかを決めていきます。

メッセージだけで相手との相性を見極めるのって難しいですし、自分視点でしか相手を評価することがないので偏りが出てしまいます。

 

相手の収入や学歴が本当のものであるか証明されていない人も普通にいますし、プロフィールに書いて有ることがどこまで本当なのかも不明。

 

結婚相談所であれば独身証明、確定申告書の提出(収入の証明)、学歴証明書の提出が義務付けられているので、こういった不安はありません。

 

どこの馬の骨かわからない人とメッセージをやり取りして時間をかけてすすめる恋活。

アドバイザーが間に入り最短ルートであなたを結婚に導いてくれる結婚相談所。

 

本気で結婚に向けて動くのであればどちらが結果が期待できるかは自明です。

omiaiにいるサクラ(宗教系、ネットワークマルチビジネス、ネズミ講)

実はomiaiには宗教の勧誘やネットワークビジネスへの勧誘目的で活動をしている人もいます。

こういった人は容姿が良く、メッセージでもとても好印象な対応をしてきます。

 

しかし実際に会おうとするとなぜか全く関係のない人を連れてきたり、ビジネスに勧誘をしてきたりします。

 

そういったケースに巻き込まれるリスクが有るのも恋活アプリなのです。

 

もちろんまっとうに活動をされている会員さんが大半なのですが、たまーにものすごくいい条件の人だと思ったら勧誘目的だったという罠があるので気をつけてください。

プロフィールや日記に、会社からの招待で旅行に行ったなどと書いてあったら、ネットワークビジネスと思ったほうがいいです。

 

もしあなたが真剣に生涯を共に出来るパートナーを探しているなら、しっかりとした信頼できる身元が保証された相手を見つけるべきです。

omiaiのように、身分を偽って活動が出来てしまう場所で、結婚相手を探すことはおすすめしません。

いいねとマッチ度平均はどれぐらいなのか?無課金は厳しい

omiaiで1ヶ月活動して人気会員になる事が出来たので、メリットとデメリットをシェアします。

 

良かった点としては、人気会員になった事で多くの女性から興味を持ってもらいやすくなり、多数の方からいいねが届くようになりました。

しかしその後は、アプリの方で調整や制限をかけているのか、アクセスが少なくなっていき、徐々に反応は薄れていきました。

 

デメリットとしては、短期間で成婚を考えてる人が少ないので、婚活に対する熱の違いでフェードアウトをしやすいことです。

結婚後の生活や子育てについての考えを話そうとすると「重たそうだな…」と思われて、メッセージのやり取りが途絶えていく方が多かったです。

 

婚活アプリは登録直後が一番露出しやすく、反応を取りやすいと言われます。

なので取り組むのであれば、超短期集中で期限を区切って活動をするのがおすすめです。

ただ、婚活アプリには結婚に対する本気度が高い人は、それほど多くないため、短期間での成婚を求めているのであれば、アプリを使った婚活は避けるのがおすすめです。

どれぐらいお金を使えば質の高い会員と出会えるのか?

結論から書くと、良い人との出会いをomiaiで実現するのは相当難しいです。

その理由として、結婚を真剣に考えてる人はアプリにはそもそも少ないからです。

 

質があまり良くない人の中から、真剣に結婚を考えてる人を見つけるのは効率が物凄く悪いことを知って下さい。

その上で、omiaiで相手を探すのであれば、有料会員は必須ですし、いいねの数を追加で購入するために課金が必要になるでしょう。

 

僕自身の経験から言わせていただくと、結婚相談所に支払っているお金と大差ない負担が発生しており、それでいて結婚に対する意識が低い人が多かった。

なので婚活アプリのコスパは超絶悪いというのが、婚活を終えて思う素直な感想です。

 

有料会員になり、短期集中で活動すれば、出会えないことはないけど、その時間とお金を質の高い会員がいる結婚相談所に使ったほうが短期間で結婚に到達できる可能性が高いです。

マッチングさせるためのコツ。なかなかいいねを返してもらえないあなたへ

このパートでは、omiaiで活動を開始してみたがマッチングがなかなか取れない方に、マッチングさせるためのコツを紹介していきます。

omiaiに時間とお金を使うことはおすすめしませんが、手応えを感じている方や、突破口を探している方は参考にして見て下さい。

スペックを整える(自分の身の丈を知る)。人気会員になるのは割と簡単です

婚活市場ではスペックが高ければ反応を取ることは難しくありません。

スペックが全てと言っても過言でないぐらい、ここがしょぼいと反応を取るのが難しくなります。

 

それは数値的なところもそうですし、容姿や自己紹介文。

こういった所の手を抜かなければ、誰でもある程度反応を上げることが出来るはずです。

そして自分が人気会員になる事で、さらに相手から注目され、敬意を払ってもらいやすくなります。

 

その事で自分を安売りする必要がないので、相手に媚びを売る必要もないし、自信を持って対応することが出来るようになります。

 

自信を持つということはとても大事ですが、勘違いしてはいけないのは、自分はまだいけるとか思わないことです。

女性であれば30歳を超えたら商品価値は著しく下がります。

29歳の子と30歳の子では天と地ほどの差が、婚活市場ではある。

 

だから理想的には20代後半になったら相談所に入って結婚相手を見つけたほうが良いのですが、仕事や気持ちの整理がつかずに30代や40代になってしまう人もいますよね。

 

僕自身も30代前半で一度婚活をやってみたものの、あまりにも適当な人ばかりでこれは無理だと絶望をして辞めてしまった。

当時はまだ年齢が32歳だったので、市場価値もそこまで低くなく、真剣にやれば余裕で結婚が出来ました。

 

35歳で再参入をしましたが、32歳のときと比べて取れる反応が全然違います。

手遅れではないけど、昔ほど応募が殺到する感じではないのですね。

 

男性はキャリアで早めに成功して、スペックを上げておいてから婚活市場に来たほうが良いです。

スペックがダメでも相手は見つけられなくはないと思いますが、かなりの妥協を強いられることになります。

 

もちろん妥協はダメではないのですが、好きでもない、相手を尊敬できない人と結婚をしてやっていけますか?

一時的には続いてもきっと関係が崩壊をしてしまいますよね。

 

だから自分が相手にとって特別な存在、尊敬できる人間になれるように自分を高めていきましょう。

 

40代で結婚できてない人はキャリアを真剣にやってきたか、大した実力もないくせに理想が無駄に高かった人だと思います。

僕のところにも来ますが、40代家事手伝いみたいな人は相手に何を提供するんでしょうか?

 

そういう人を評価する人もいなくはないと思いますが、社会経験もない、お金を稼ぐ大変さも知らない、子供も産めない。

そんな人を積極的に選ぶ男性って少ないと思います。

 

僕はこれをやってきました、パートナーの方にこれを提供できます。

こういった事がきちんとある方は、年齢が上がっても魅力があるので婚活市場でも応募が殺到します。

 

そりゃそうですよね。魅力があるんだから。

 

そしてアプリで魅力がある人の定義は、スペックが満たされていて、写真と自己紹介をしっかり書いていること。

ただこれだけです。

写真とプロフィールを手抜きしない

自撮りで撮影した適当な写真をアップする人が大半の中、カメラマンに撮ってもらったちゃんとした写真がある。

これだけで他の人と差を見せつけることが出来ます。

 

そして自己紹介文も文字数をギリギリまで使って作り込む。

何度も修正して自分を売り込む。

 

そういった泥臭い作業をやってる人が人気会員になります。

 

女性であれば若ければ自己紹介文なしでもいいねが集まりますが、そういう人は反応は取れてもちゃんとした関係性に発展がしないと思います。

 

あなたは就職をする時に履歴書を適当に書いて出しますか?

エントリシートに5行だけ書いて適当に出しますか?

 

真剣にキャリアをやってきた人であればこれがいかに馬鹿げているかわかるはずなんです。

しかし実際見合いにしろ、アプリにしろ、こういう低い基準値でやってる人ばかりですよ。

 

だから結婚が出来ないのです。

誰からもいいねが貰えないのです。

 

きつい言い方ですが、大事なことなので伝えていきます。

これを読むあなたに本当に幸せでずっと続く結婚生活を手にして欲しい。

 

だから耳障りは悪いかもしれませんが、自分に足りない所があれば補う、変える努力をして婚活を通じて成長をしていきましょう。

周りの基準値が低いということは、ちょっと頑張ればすぐに抜きん出ることが出来ることを意味します。

 

実際僕も婚活アプリの攻略法に気がついてからは、1ヶ月で人気会員になることが出来ました。

攻略をすること事態は難しいことではないのです。

マッチング後のメッセージやり取り攻略法。コツは1通目を開封させること

自分がいいねを送り、相手がそれに応えてくれたらマッチング成立です。

マッチングが成立するということは、入口の部分で最低限の魅力を確保できているということです。

マッチングアプリでは多くの人が結果を出せずに撤退をしていますので、自信を持っていいです。

 

マッチングをした後で大事なスタンスとして【鉄は熱いうちに打て】です。

自分も相手もマッチングした直後は、相手の印象を覚えており、テンションも高い状態ですので、この状態から短い期間で会うところまで持っていくのが理想です。

 

延々とメッセージをやり取りしていても「この人何が目的なのかな?」と思われてしまいます。

アプリを利用している時点で、交際相手を探している人なわけですが、どんどんこちらから食事やお茶の提案を行っていきましょう。

 

そのために一通目のメッセージを確実に開封させ返信をさせること。

これが大事になってきます。

 

そのために何をしなければいけないかを以下で解説します。

相手のプロフィールを熟読し、自分との共通項を探す

マッチング後のメッセージを開封させ、返信したいと思わせるコツは、相手と自分の共通項を盛り込むことです。

趣味やその人の経歴を、プロフィールから読み込み、自分もそれが好きだ、自分も同じ経験がある事をメッセージに盛り込みましょう。

 

いいねを返してくれてる時点で、相手があなたのプロフィール内に共通項を見出してくれてる可能性も高いです。

なので、相手と自分の共通項が一番最初のメッセージに掲載されていると、返信を相手もしたくなります。

 

一度返信が来れば、そこから先は話を盛り上げるのは難しいことではないです。

相手に自分が興味を持ってくる事を伝えつつ、話を膨らませていきましょう。

 

相手と自分の共通項を作ることは、専門用語でラポール形成と呼んだりします。

心理学的に効果が証明されているやり方なので、マッチング後のメッセージで返事をもらえなかったり、フェードアウトすることが多い人は試してみて下さい。

まとめ:やめとけ。時間とお金を無駄にするよ

結婚相談所と婚活アプリを並行して実践してわかってきた事があります。

 

相談所は身元がしっかりしている人が評価され、実際にスペックが高い人が多く利用しています。

スペックとは何かというと年収や学歴、勤務先です。

 

女性でも当たり前に年収600万とか、800万とかザラでいますね。

そして学歴も高いです。

有名私大は当たり前の事、国立大学出身の人とお見合いした事もあります。

 

それに対して男性である自分のスペックは、中堅の理系次第卒。

節税のため個人としての所得は年収560万としているので、入口の部分で結構弾かれてしまいます。

 

例えば先月は申し込める上限マックスで見合いの申込みを送信しましたが、帰ってきたのはゼロ。

全滅ってやつですw

 

他の相談所の会員さんとも繋がることが出来る、サービスでも申し込みをしましたが、こちらも全滅。

 

そして最近はアドバイザーが提案をしてきた候補に申し込みをしても、断られる率が上がってきました。

毎週水曜日になると2名の紹介が縁結びカウンターだと来るのですが、二人に申し込みをして二人から断られるなんてザラです。

 

一方でomiaiのほうはいいねが100を超え、人気会員にランクイン。

他の婚活サイトでも自分でプロフィールを書いて、収入も今期申告の数字で掲載をしています。

 

使ってる写真や実際の人物は全く同じなのに、相談所だと全然成約しないのが、婚活アプリだとガンガン申込みが鳴るという状態。

しかし、そこで出会える人の質は非常に低い。

この人結婚する気本当にあるのかな…という人ばかりでした。

 

サービスを利用する際にはあなたの年齢も大事になってきます。

若い人ばかりがいるサービスに40代の女性が登録しても、反応が帰ってくる可能性は非常に低いです。

 

男性は若い女性が好きなので、あなたの年齢が相手よりも上であれば、積極的にあなたを評価する理由になりません。

私であればいいねが来ても相手のプロフィールすら見ません。

私だけでなく他の男性会員でも同じことをするでしょう。

 

厳しいですがこれが現実なのです。

 

会員の年齢が高いサービスを利用することを検討した方がいいです。

戦略的に自分の立ち位置を考えて、婚活に取り組むというのが大事になってきます。

 

婚活アプリでも無料会員の段階で、年齢で絞り込み検索が出来るので、自分と同じ年代の男性がどれだけいるのか、各サービスを比較してみるといいでしょう。

 

そして無料会員の段階で反応が取れるかを見て下さい。

無料で反応が取れないサイトは有料になっても反応が取れません。

 

結論として、omiaiをはじめとする婚活アプリを使って結婚相手を探すことはおすすめしません。

もしあなたの年齢が高くなっており、時間やお金を無駄に出来ないと考えるならば、結婚相談所の利用を検討されることをおすすめします。

 

もし僕が書いたこの記事の内容を信じられないと思うなら、omiaiのレビューに目を通して下さい。

そこにomiaiで課金をしたが、出会えなかった、結果が出なかった方のリアルな口コミが掲載されていますから。

タイトルとURLをコピーしました