ブライダルネットが退会しにくい仕様に変更。利用価値は皆無

0.5
ブライダルネット評判 ブライダルネット

童貞婚活メルマガ

このサイトを作るときに真っ先に試そうと思ったのは以前使っていた婚活サイトの活用です。

32歳の時にブライダルネットとomiaiで質の高い会員さんと出会えていたので、この2つを相談所とセットで使えば婚活なんて楽勝だろって思ったんですね。

 

ところが以前と比べ会員数は激減。

退会処理もメール(LINE)しないとさせてくれない、ものすごく使いにくい仕様になっていました。

 

この記事では、

ブライダルネットの問題点と利用すべきでない理由
婚活アプリで婚活をスタートするリスク

についてわかりやすく解説をしていきます。

 

真剣に結婚相手を見つけようと思っている真面目な人ほど、アプリは消耗をします。

この記事を読んで、なぜ婚活アプリが無理ゲーなのか理解をして下さい。

ブライダルネットの問題点と利用すべきでない理由

婚活サイトを使うと数ヶ月は頑張るべきですと言われますが、駄目なサイトはさっさと切ったほうがいいと思います。

 

写真とプロフィールを作り込んでいるのにいいねが届かない。

マッチングが成立しない(同じプロフを使ってる他のアプリでは成立している)。

 

この状態が1週間経過しても改善しないなら、そのサイトにあなたとマッチングできる会員さんはいないと考えて良いです。

 

ですから契約するプランは割高でも1ヶ月プランで良く、2つから3つのサイトを実験して、無料の段階でいいねが取れるか見る。

そして一番マッチングをするサイトに課金をして、相談所とセットで力を入れて活動をしていくのがおすすめです。

 

僕であればomiaiが年齢的(30代後半)が一番反応が取れたのでomiaiを残し、反応が取れないwithは切りました。

これ以外にもゼクシィの婚活サイトも使っていましたが、ラリーが続く会員さんとあまりマッチングが出来なかったので途中で辞めました。

 

結局オフラインで会えたのは、omiaiだけであり、過去に活動したときはomiai、ブライダルネット、ペアーズの3つで出会えていたことを考えると厳しくなっているなと。

 

当時は年齢も33歳でありまだ市場価値が高かったのに比べ、現在は35歳であり、確実に市場価値は下がっている。

厳しいこの現実を認めざるを得ませんでした。

 

そんな中、ブライダルネットの使い方や会員数の激減には驚くばかりでした。

 

以前であれば写真掲載なし、プロフィールもそこまでしっかり作り込まなくても会員さんがたくさんいてガンガンマッチングをしたのに、現在では自分からいいねをしても一人もマッチングしない。

 

omiaiやペアーズでいいねすれば3割から4割ぐらいの確率でマッチングが出来る私がブライダルネットだと全然反応が取れないのです。

 

そりゃお前のスペックがしょぼい、顔が悪いからだよと思われるかもしれませんが、年収は2000万以上ありますし、顔もそこまでダメではないです。

 

なぜかというと女性から褒められることが何度もあるからです。

ホストレベルではないかもしれませんが、標準以上のレベルは満たせていると認識しています。

 

これから婚活アプリを使う人は本当に大変というか、絶望しかないって感じますね。

ブライダルネットは男女ともに有料だから質の高い会員がいると思ったのですが、ダメでした。

 

婚活サイトを選ぶ際の一つの基準は、有料である事。

この基準を満たしていてかつ会員数が多い所を利用するのがマストです。

婚活アプリで婚活をスタートするリスク

omiaiが改悪された今、まともに使える婚活アプリは皆無と断言していいでしょう。

月に数万円払って婚活している人と、無料や数千円で婚活している人の本気度が違うのは明確です。

 

これから真剣に結婚相手を見つけたい方は多少高くても相談所で活動をスタートさせることをおすすめします。

相談所で出会う方は毎月高いお金を払っているので真剣度も高いですし、地に足がついている方が多いですよ。

 

僕がお見合いさせて頂いた女性はどの方も真剣に人生を生きてこられた素敵な女性ばかりでした。

ネットだと批判されることもある相談所ですが、個人的には非常に満足しております。

実際に相談所を使ったことで結婚出来ましたしね。

 

婚活は真剣に取り組めばきちんと結果を出せるものです。

ただし、それは適切な環境を選び、プロのサポートを受けながら行動を続けた場合だけです。

 

恋愛経験が豊富でない素人が、我流でアプリやパーティーからスタートしようとすると挫折します。

アプリやパーティーには本気度が高い会員さんはいません。

1回数千円の利用料金、月に数千円の会費で結婚相手を見つけようなんて虫が良すぎです。

 

自分で結婚相手を見つけられる人は、限られた出会いの中から泥臭く関係性を構築して、ゴールインをしています。

 

僕らはそういった努力をしてこなかったり、避けてきてしまった。

だから、普通の人と同じように結婚相手を見つけられるはずがないし、恋愛を経由していい人だったら結婚を…なんて流暢な事を言える立場じゃないのです。

 

婚活アプリや婚活パーティーにいる人は「いい人がいたら交際をしてみて、それでもいいと思えたら結婚しようかな…」というスタンスの人が多いです。

期間を区切ってそれまでに相手を必ず見つけるという考えを持っおらず、真剣度や危機感が欠如してる人ばかりなのです。

 

そういう人の中から候補を選び、メッセージ交換をして、デートを繰り返していくのは効率が悪いと思いませんか?

 

この人だと思う人がいたらすぐに成婚を決断できる意志が固まっている。

結婚をする覚悟が出来ている。

 

あなたがすでに30代以上になっているのであれば、こういった覚悟が決まってる人の中から結婚相手を探すべきです。

そういった人が集まる場所は結婚相談所だけです。

まとめ:運営元のIBJの実績に疑いはない。しかし付き合い方を選ばないと搾取される

ブライダルネットを運営しているのはIBJという業界最大手の会員を持つ会社です。

結婚相談所のIBJは歴史も実績もあり、その信頼性に疑いはありません。

 

僕自身はゼクシィ縁結びエージェントで活動をしていて、思うように婚活が進まない時に登録している相談所がダメなのではないかと考えてIBJに相談しに行ったことがあります。

IBJは結婚相談所の中では最も多くの会員が登録しており、利用料金も高いです。

 

登録するだけで30万円近い費用が発生するため、真剣度が高い人じゃないと申し込めません。

自身はコストパフォーマンスを意識して、ゼクシィを選んでしまいましたが、少し公開しています。

 

もっと高いところで本気で自分を追い込んでいたら、もっと短い期間で相手を見つけられたのではないか?

相談所を2つ利用すれば、チャンスも二倍になり場数が踏めたのではないか?

このように考えるからです。

 

これから婚活をスタートする方や、今うまくいってない方は、自分が婚活を実践している環境が結婚に近づくために最善になっているかを常に問いて下さい。

僕自身が経験したように、おすすめのアプリや相談所というのは、常に移り変わっています。

 

数年前は良質なサービスを提供する会社だったとしても、方針が変更されるとブライダルネットやomiaiのようにダメダメになることが当たり前にあるんです。

 

環境選びを徹底すること、プロのサポートを受けながら実践しているのに結果が出ない時は自分の選んだ環境を疑うこと。

この2つを意識し、柔軟に行動を起こしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました