いきなりデートは新たな有力婚活サイトになるのか?【実態はガチャ】

3
いきなりデート評判 未分類

童貞婚活メルマガ

ヤフーニュースを見ていたら、いきなりデートというサービスがサービスを開始して注目を集めていることを知りました。

 

男女ともに登録には審査があり、審査に通った方同士がデータをするという流れ。

他の婚活アプリとの違いはメッセージのやり取りがなく、希望する日時になると必ず誰かとお見合いが出来るという点です。

相手を選ぶことは出来ません。

 

ハイスペックだがアプリでなかなかマッチングしない方や、相談所で申し込みの段階でお見合いをお断りされてしまう方にはいいかもしれません。

 

この記事では、

いきなりデートの審査基準。低スペック&田舎住みお断り仕様
マッチングはガチャ。生理的にNGな人を避けられない
課金して利用する価値はあるのか?向いているのはこんな人

について、解説をしていきます。

いきなりデートの審査基準。低スペック&田舎住みお断り仕様

いきなりデートはハイスペックに特化し、お見合いまでのメッセージややり取りを簡略化しています。

会員の質を確保するために、学歴と職歴、年齢に制限をして入会申込時に審査をしています。

 

男性であればMARCH以上の大学を卒業していないとダメで、高卒や専門卒は登録すら出来ません。

年収について制限はないものの、勤務先が上場企業(公務員含)または社員数100名以上の会社でないとNG。

 

 

女性側は、39歳まで登録可能となっており、40代の女性は利用できません。

学歴は短大以上なら可で、勤務先や収入に条件はありません。

 

審査条件についてはハイスペックに特化しているサービスであるため、ある程度的を得ているというのが正直な感想です。

 

ただ、ツッコミどころもあり、Facebookの友だち数は意味がないです。

フェイスブックの友達が15人以上いないと通らないようになっていますが、これはフェイスブックのコミュニティで友達を増やす事に特化したものがあるので、そこに入って友達申請をすればすぐに達成できると思います。

 

ちなみに僕はフェイスブックの友達は2900人ほどいます。

友達紹介やビジネスのコミュニティへの参加で増えた結果で、実際の友達はこれの100分の1もいないんじゃないでしょうか。

 

だからフェイスブックの友達15人なんて全然意味ないなって思います。

これが理由で条件満たせないって悩んでるなら適当な人に友達申請して数を底上げすればいいですよ。

1日もやれば友達100人なんてあっという間に超えますので。

 

男性側のスペックを自分に当てはめると、僕は通りません。

 

年齢は45歳まで、MARCHI及びそれに準ずる国公立大以上、有名大学院生、上場企業or社員100名以上の会社員士業、公務員、国家公務員。

 

僕の場合自分で会社を経営していますが、社員を雇っていないのでここでNGです。

経営者の場合は社員数が20名じゃないとダメだそうで。

 

人数とか何の意味があるのかなって感じですが、ルールなんでしょうがないですね。

田舎に住んでいる人はスペックを満たしていても実践できない

いきなりデートは運営側が指定したお店でお見合いをするシステムになっているため、活動できるエリアが物理的に制限をされます。

この記事を書いている時点では、札幌、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡に対応しており、これ以外の地域に住んでいる人は対応エリアまで移動出来なければ諦めるしかありません。

 

スペック面でいきなりデートが求める条件を満たしていても、活動が出来ないからです。

もちろん移動手段を用いて、指定された店まで毎回出向けば利用は可能ですが、負担が大きく続かないと思います。

 

率直に田舎に住んでいる方とは相性がよくありません。

マッチングはガチャ。生理的にNGな人を避けられない

いきなりデートはアプリや相談所と異なり、自分で相手を探し選ぶというプロセスがありません。

相手の選択はシステムが自動的に行われるのです。

 

選ばれる相手は過去の相手の活動履歴から自動的にランク付けが行われており、評価の高いユーザーが優先してマッチングに回される仕組みになっています。

これにより良質な会員ほど場数を踏むことが出来、相手を見つけて退会しやすくなっています。

 

アプリや相談所で全くマッチングできない方には救済措置になりますが、自分と相性のいい人を探すという観点からすると、これはかなり微妙なシステムです。

というのも、一度のお見合いで相手に対して悪印象を与えることって、まず起こり得ないからです。

 

お見合いの時間は平均して1時間程度ですが、1時間で話せることには限りがありますし、よほど失礼なことをしない限り相手から悪い評価を受けることはありません。

当たり障りのない話をしているだけでも1時間は過ぎ、楽しい楽しくないは別としてお見合いの場を無難に終わらせることは難しくないのです。

 

友達や恋人候補を探している方には適しているかもしれませんが、いきなりデートを使って結婚まで到達するのは極めて困難であると言えます。

 

あなたが会社の採用担当で履歴書に写真がない人や、事前に審査をせずにいきなり採用面接に候補者を呼ぶか考えてみて下さい。

そういった相手を正社員として会社に未来のために雇用したいと思えますか?

 

いきなりデートで得られる期待値は、アルバイトや派遣社員レベルのクオリティが良い所です。

友達や飲み仲間であれば見つけられるかもしれませんが、人生を一緒に過ごす伴侶を見つける場としては適しません。

課金して利用する価値はあるのか?向いているのはこんな人

前述の通り、癖があるサービスであるため万人におすすめ出来るものではありません。

 

料金面を見ても、1回のデートに3280円の課金が必要であり、これに食費が数千円上乗せされることを考えると、婚活パーティーとほぼ同じ負担が発生してきます。

複数の人と話すことが出来る婚活パーティーと異なり、いきなりデートではランダムに選ばれた相手と1対1でお見合いが出来ます。

 

相手との相性が良ければ高いマッチングが期待できるメリットがこれにはあり、料金体系が一概に割高とは言えません。

恋愛経験が少ない方は食事をする場所を自分で選ぶことが出来ませんが、いきなりデートを利用することでデート向けのお店を実体験を通じて知ることが出来ます。

 

上記を加味した上で、このパートではいきなりデートに向いている人と向かない人の違いについてまとめていきます。

婚活アプリでいいねを貰えないがスペックだけはいい人

結婚できるかは別として、実践の場をお金を払えば積むことが出来るのはいいと思います。

 

特に全くお見合いをしてもらえない人や、メッセージのやり取りでフェードアウトされてしまう人には救済策になるのではないでしょうか?

アプリでなかなか結果が出ない人は、いきなりデートの仕組みはかなりありがたいと感じるはずです。

 

僕もやっていましたが、少しでも気に入らない発言をしようものなら、すぐに返信をスルー。

やる気が全く感じられない人ばかりで嫌になってくるんですよね。

 

いきなりデートであればメッセージのやり取りは不要です。

メッセージ交換が苦手な人にチャンスがあります。

 

男女ともに、1回毎にセッティング費用を取られるので真剣度もそれなりに上がると思います。

 

年収の制限はないので、スペックは良いが収入が高くない方にもチャンスが広がりますね。

自分と同等の学歴や経歴を持つ人を探している人

僕自身は相談所で出会った自分よりも学歴の良い方とお見合いをしたことがあります。

価値基準がかけ離れているという理由でお見合いは成立になりませんでしたが、相手の学歴がとか、収入がとかあまり気にならなかったです。

 

僕が申請している年収は560万円なんですが、今年度はこれよりも高い給与を会社よりも取っています。

なので相談所でのお相手の年収よりも自分のほうが収入は高くなることが殆どです。

 

キャリアで成功すればするほど、基準値が上がり中途半端な人と話は噛み合わなくなっていきます。

実際周りを見渡せばスペック的にはそれほど高くないけど結婚をして夫婦生活を頑張っている人がたくさんいます。

 

社会で成功することと結婚をして成功をすることは別の能力が求められていることがよくわかります。

 

そうは言っても、30代、40代になって定職についていなかったり、一人暮らしをしていないというのはNGです。

自活力、自立してないと判断されてしまいます。

 

料理を練習してみる、一人暮らしをはじめて見る、車の運転を練習してみる。

どれもやろうと思えばすぐに出来ることばかりです。

 

でも快適な環境に慣れてしまった人は、主体的に慣れないことをやろうとチャレンジしません。

 

受験、仕事、私生活。

自分と似たような苦労をしてこなかった人よりも、同じような経験をした人のほうが共感をしやすいです。

アプリや相談所と併用したい人

スペックを満たせるなら他のアプリや相談所と並行しながら、いきなりデートへの登録はありだと考えています。

 

場数を踏めるのでまずは色んな人と会ってみて、経験を積めばいいです。

最初は何を話せばいいかわからなかったり、相性が合わないと全く話が盛り上がらなかったりして戸惑うと思います。

 

でもそういう経験をしないと慣れていかないし、慣れてしまえばどんな相手が来ても対応できるようになっていきます。

 

婚活は確率論の世界なんで場数が必要です。

最初からうまくはいかないです。

 

スペックがあるから結婚できるわけでもない。

 

お互いの相性なんですね。

 

なのでそういう人に巡り会えるまで地道に頑張るしかないです。

 

僕が相談所で出会った方はどの方も1年以上なんて当たり前で、長い方は8年やってるという方もいました。

 

それぐらい皆さんずっと頑張っているんですね。

 

それでも結婚できないのが当たり前の世界なんです。

婚活は結婚できない人を無理やりくっつけようとしているので、本来無理ゲーの側面がかなりあります。

 

交際経験が豊富な方であればいい人見つけてうまくやっていけますが、交際経験が少ないと上手にコミュニケーションが出来ずに苦労をしてしまいます。

それでも諦めずに実践から学び行動を継続できた人だけが結婚を手にしていきます。

 

結婚とまでは行かなくても、恋愛や異性友達との場数を実践で積みたい人には利用する価値があると言えます。

まとめ:ガチャだけど利用するシーンを選べばアリな選択

人を選ぶものの、サービスとしては面白い試みであり、ハイスペ男子には利用を検討する価値があると言えます。

 

女性目線で見ると、男性よりも審査が甘い分、手を出しやすいサービスだと言えるでしょう。

何回か利用してみて、全くしっくり来る方と出会えなければ退会するもよし、普通に生きていたら絶対に出会えなかった男性との出会いがあるかもしれません。

 

自分がハイスペ男子に向いているかどうかも試せるし、ハイスペ男子と付き合ってみてしっくりこないとわかったら、相談所に登録して自分と釣り合う人を探すことも出来る。

 

ご自身の今の婚活状況を振り返り、いきなりデートを利用できる立場にあるなら、試してみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました