withでマッチングは無理ゲー。真剣婚活には不向き【サクラ疑惑】

2
with会えない with

童貞婚活メルマガ

withという婚活アプリ(サイト)に登録をして放置をしていたら、いいねが届きました。

 

ログインすらしてないのに、どうしていいねが届くの?

不審に思ったものの、どんな相手がいいねをしてくれたのか気になったのでチェックすることに。

 

withでは男性会員はは女性会員と異なり、有料会員にならないと相手からのメッセージを開封することすら出来ません。

数名の方からメッセージも届いていたので、このタイミングで有料会員になりました。

 

しかしメッセージを開封後返信をしても、相手から返事は届かない。。

有料会員に誘導するために、運営がサクラを雇っているのでは?という疑惑が拭えませんでした。

 

当サイトでは一貫して、アプリを使った婚活をおすすめしていません。

 

男性は有料、女性は無料。

女性会員よりも男性会員の方が多く、競争が激しい所が多い。

女性は無料で実践できるため、相手を積極的に選ぶ理由がない。ちょっとでも気に入らないとフェードアウトされる。

 

結婚相手を真剣に探す人にとって、このような環境で婚活をすることは適切とは言えません。

結婚に近づくどころか、嫌な思いばかりをして、挫折に繋がりかねない。

 

実際アプリで婚活に挑戦してみたものの、思うような結果が出せず結婚を諦めたという人は少なくないのでは?

僕自身も32歳の時に婚活アプリに手を出して、その無理ゲーぶりに絶望。一度婚活をお休みしています。

 

この記事では、

withを実際に使ってみた感想。課金をしたが徒労に終わった
マッチングしてもサクラっぽい人だけ。成婚退会した人は本当にいるのか?
有料会員を解約するタイミングの見極め。会えないマッチングアプリに時間とお金を使うのは無駄

について、自身の体験を元に解説をしていきます。

withを実際に使ってみた感想。課金をしたが徒労に終わった

僕にはマッチングアプリで婚活をした経験が2回あります。

 

1回目は32歳の時。

この時はすぐに結婚する気はなくて、いい人がいたら交際を経て結婚を考えようかな…ぐらいの感覚でした。

この時はアプリと婚活パーティーを使っって活動していて、数か月で挫折。

この当時はwithはまだ婚活アプリとしてサービスを開始しておらず、ペアーズとomiaiを中心に活動をしていました。

 

2回目は34歳の時です。

結婚相談所で活動を再開したものの、思ったように交際が進まず、アプリも並行して取り組もうと思い、かつて使っていたアプリを中心に登録。

調べていくうちに、メンタリストのdaigoさんが監修されたマッチングアプリがある事を知って、withに登録をしたのです。

 

実際に利用をしてみると、他のアプリと操作方法に大きな違いはありません。

 

自分がタイプと思う会員さんにいいねをする、相手がそれに応えていいねを返す。この段階でマッチングが成立です。

その後はメッセージをやり取りしながら、ウマが合わようならば会ってみるという流れ。

 

特徴としては心理分析イベントが定期的にあり、自分と相性のいい相手をアプリが提案をしてくれるというものがあります。

同じ心理テストを受けた会員の中から、自分と相性のいい相手を提案してくれるので、積極的に活動をしている会員さんにアプローチをする事ができます。

 

他のアプリにはない仕組みがありオモシロイと思ったこと、daigoさんの本を普段から読んでいたこともあり、withに登録。

最初の数週間は集中して取り組んだものの、思ったほどマッチングをしません。

 

withは他のマッチングアプリほど多くの会員さんがおらず、少ない女性会員を狙って多くの男性会員が奪い合いをしています。

結果、女性には多くの男性からいいねが集中。

全員をしっかりと見ていくことは難しい状態になっています。

 

ここで活動をしていても時間とお金が無駄になる可能性が多いなと判断し、1ヶ月ほど続けたタイミングで有料会員を解約しました。

その後ログインもせず、放置をしていた所、前述の通り何名かの方からいいねが届く。

 

相談所での活動が思うようにならずに、行き詰まっていたこともあり、再度有料化員に登録。

相手のメッセージといいねを確認し、返信メッセージを送ったのですが、数回でやり取りが途絶えたり、返信が数日後と遅かったり、「本当にこの人結婚する気あるのかな」と思う方ばかりでした。

 

omiaiにしろparisにしろwithにしろ、そこにいる会員さんに大きな差はありません。

会員数が多いからマッチングがしやすいわけでもないし、出来たばかりの婚活サイトだから成約が出やすいわけでもない。

 

婚活を前進させるのは結婚に対する真剣な意思、温度差です。

この温度差が婚活アプリでは差が大きいので、ここに捕まるとなかなか抜け出せません。

なぜマッチングアプリには本気度が高い会員がいないのか?

そもそも無料で利用できるということは、期日を区切って取り組む理由も作りにくい。

真剣に相手を見る必要もなく、ちょっとでも気に入らない相手と無理してメッセージのやり取りをする必要性がない。

 

だからいいねが来たりメッセージが来ても真剣にやり取りをしなくなるのです。

 

ちょっと違う感じがするし別にいいかな…。

そうやって先送りにしている間にどんどん年齢が進み、ますます結婚できなくなっていくのです。

 

これは男性である僕自身が2年前に男性でありながら犯した失態です。

まだ若いし別にいいかな…って思ってた。

(当時33歳)

 

本気で結婚する決意が固まってない人は、少なからず上記のような事を考えているものです。

 

今振り返ると、32歳という年齢は別に格段に若くないのだが、スペックが良かった事もあり申込みもコンスタントに来ていた。

自分はモテる、まだまだ行けると勘違いをしてしまった。

 

もあしあなたに申し込みや引きが来る状態であれば、今の相手との関係を深め結婚に向けて進んでいくことをおすすめします。

その相手を逃したら次はないです。

もっといい人が現れると思わないで下さい。現れないから。

 

年を取れば取るほど理想的な相手を見つけるのは難しくなっていきます。

 

あなたを断っている女性陣もいずれ思い知るでしょう。

30代だし若い頃はモテていたので大丈夫。

こういった態度で舐めてかかってると痛い目にあいます。

 

結婚できる時に、市場価値がまだ高い間に、興味を持ってくれる相手がいる間に結婚は決めていきましょう。

 

その後withをはじめとする婚活アプリからは全て退会。

自分が確実に狙える人に絞って、活動したら、1年後に相談所を成婚退会が出来ました。

 

女性が無料の婚活サイトはやるだけ時間の無駄です。

 

男性と女性の会員数に格差がないこと。

登録するために審査があり、利用料金が高い結婚相談所。

 

結婚に対する本気度が高い人が集まる場所に身を置かない限り、いつまでもあなたの婚活は遠回りです。

 

アプリで結果が出ないのはあなたのせいではありません。

本気で結婚相手を探したいと思っているあなたを受け入れられる器を持ってる人が少ない(ほぼ皆無と思っていい)だけです。

 

環境が人を作り、環境が人を変えます。

大学や会社でも環境が変わったことで、あなたは多くを学び、成長をしてきたはずです。

 

婚活でもそれは全く変わりません。

あなたの貴重な時間とお金。

結婚したいという気持ちを失わないためにも、結婚から遠ざかるマッチングアプリに手を出さないことを強くおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました