婚活アプリでうまくいかないのは必然。本気度が高い人はいません

婚活アプリうまくいかない 婚活アプリ

童貞婚活メルマガ

婚活を始めようと思った時に、多くの人にとって手軽なのは婚活アプリではないでしょうか?

女性であれば無料でスタートすることが出来、男性でも月に3000円程度の負担で始めることが出来ます。

スマホがあればどこからでも相手を検索してメッセージのやり取りを始められ、忙しい人でも実践しやすいと言われます。

 

僕は妻もアプリから婚活をスタートしましたが、経験をした上で「婚活アプリは効率が悪い」という結論に至っています。

(僕に限って言えば会員数が多い著名なアプリを並走して利用していました)

 

もしあなたが短期間で結婚をしたい、結婚に対する本気度が高い人と出会いたいのであれば、婚活アプリを使うのは今すぐ辞めて下さい。

 

この記事では、

なぜ婚活アプリには本気度が高い人がいないのか?
婚活アプリを利用すると結婚が遠ざかる理由
身元が確かでない人と交際する危険性

についてわかりやすく解説をしていきます。

婚活アプリに本気度が高い人はいません。結婚からは大幅に遠ざかる

気軽に利用できる、少ない負担で婚活をスタートできるアプリですが、その実態をあなたはご存知でしょうか?

 

婚活アプリの実態はカースト制度であり、異性慣れしている一握りの会員が反応を独占しています。

容姿がイマイチだったり、学歴や収入といったスペックが弱い人は、相手をされにくい傾向にあります。

 

そしてこれに加えて致命的な欠点が。

それは何かというと、結婚に対して本気度が高い人はアプリを使っていないという事です。

 

入会するだけで数万単位で費用が発生し、月々の利用料金も大幅に高い結婚相談所と比較して、アプリは月々5000円以下で利用出来るものが大半です。

そしてメッセージのやり取りや交際人数にも制限がないため、複数の人と並行して付き合うことが可能です。

さらに、結論を出すまでの期間についても利用者に委ねられているため、何ヶ月も交際を継続し、結論を出さない事も可能です。

 

結婚に対する真剣度が高い人は、自分にも相手にも時間がないことを深く理解しています。

そして真剣度が高い人はアプリではなく、結婚相談所に登録をします。

 

相談所では登録するために審査があり、男性であれば定期収入や学歴を証明する書類の提出を求められます。

公的な書類として自分の実績を証明できる書類の提出が入会にあたり必須なのです。

既婚者やサクラが登録し放題。信頼性は最悪です

一方でアプリの場合は、証明書類を登録することは出来ますが、多くの人は証明書類を提出することなく利用をしています。

収入や身長、学歴については自己申告でも何度でも修正が出来てしまいます。

 

その結果、ヤリモク(結婚目的ではなく体目的の交際相手を探すこと)や、結婚詐欺、ネットワークビジネスの集客に使われてしまうことがあるのです。

 

あなたが短期間で結婚をしたいと考えるのであれば、相手の身分がしっかりと保証される結婚相談所を利用すべきです。

アプリでは独身証明書の提出を求められないので、既婚者でも独身と偽って活動することが出来てしまいます。

 

結婚をする意思がない人に時間を使っている余裕が今のあなたにはありますか?

お金や時間を無駄にするだけでなく、婚活に対するモチベーションも奪われてしまうのがアプリです。

複数のアプリを併用しても時間とお金が消耗するだけ

僕自身、アプリから婚活をスタートしたのでわかるのですが、アプリはお金だけでなく、時間もかなり消耗します。

相手を真剣に探そうと思えば、ある程度の時間を割いて会員を探して、コンタクトを取る作業に追われます。

 

そして相手が自分からのコンタクト(いいね)に対してOKをしてくれると、メッセージ交換が出来るようになります。

 

男性サイドで話すと、女性は複数の男性からいいねを受け取っているため、常に比較をされる不利な立場にあります。

気の利いた挨拶や、盛り上がりに欠けるメッセージを送ってしまうと、即座に相手はこちらに対する関心を失ってしまいます。

 

メッセージのやり取りに慣れているライバルに、場馴れしてない初心者が打ち勝つのは困難なのです。

 

出会いの場を増やすために複数のアプリを併用する。

この考え方事態は間違っていません。

 

実際僕も6つのアプリを並行して利用して、複数の方とやり取りをしていました。

当時は女性でもお金を払わないと利用できないアプリがあり、女性も有料のアプリで何名かの女性と食事する事に成功しました。

 

が、当時は僕自身の結婚に対する覚悟が決まっておらず、交際を発展させることが出来ませんでした。

 

もっといい相手がいるんじゃないか?

相手に妥協をしたくない。

 

こういったセコいことを考えてしまい、短期間で結論を出すことから逃げてしまったのです。

当然、このような態度で結婚できるはずがなく、数か月で婚活に挫折。

 

今は仕事に集中してもっと自分に自信を持てるようになってから婚活をしようと思い、2年近く婚活をお休みすることに。

 

もう一度あなたに質問します。

あなたはいつまでに結婚をしたいですか?

 

もし早期結婚を望んでいるのであれば、アプリで婚活をスタートさせないで下さい。

アプリで婚活をしても結婚には近づけません。

詐欺の手口にハメられるリスクがある

結婚詐欺

知り合いを見つけてしまう

アプリでうまくいかないのはあなたのせいではありません

この記事を読んでいる人の中には、過去にアプリを使って婚活をやってみたという方もいらっしゃるでしょう。

そして、お金や時間を使ったにも関わらず思うような成果が出ていない。

その事で自信を失っている人もいるかもしれませんね。

 

僕自身も結婚をしたいと思った時に、第一に利用したのが婚活アプリでした。

 

普段使っているスマホを使って、空き時間を利用していつでも利用することが出来る。

相手を自由に選ぶことが出来、気に入った人と交際をすることが出来る。

交際期間は自由であり、結婚相談所のように期限が決められていることはない。

 

気軽であり、利用者に対するルールも厳しくないことから、結婚に対する覚悟がかまっていない自分にはアプリは都合のいいやり方でした。

しかし自分にとって都合のいいやり方であるという事は、相手も同じことで、結婚に対する本気度が低い人が集まっている事に気が付きます。

 

アプリは入口の部分で成婚に近づくことが出来ず、恋愛慣れしている一握りの人にしか意味のないやり方なのです。

結果が出ないのは必然であり、あなたの努力不足ではありません。

 

アプリで婚活がうまく行かな理由は、真剣度以外にもいくつもの理由があります。

構造原理的にアプリで婚活をすると不幸せな結末が待っていることを解説していきます。

フェードアウトしやすい

マッチングした直後にメッセージをしなかったり、途中で会話が途切れてフェードアウトをする事が頻繁にあります。

メッセージで盛り上がって実際似合うことになっても、その後相手からの連絡が途絶えたり、数回デートしてフェードアウトというパターンは珍しくありません。

 

積極的に動いて短期間で交際を進める理由が双方にないので、連絡を取り続ける動機が生まれにくいです。

 

一般的な恋愛は職場や学校、知り合いからの紹介がきっかけになり、日常的に接点が生まれやすい事からフェードアウトはしにくいです。

しかしネット婚活の場合、気に入らなければいつでも関係を切ることが出来てしまい、相手の欠点を受け入れて関係性が深めていく事が難しいです。

 

どんな人にも良い所と良くない所があり、交際ではお互いを理解し合いながら仲良くなっていきます。

婚活アプリではオフラインで当たり前に繰り返されるこのプロセスが省かれてしまい、まるでゲームをしているかのようです。

少しでも相手に気に入らないと関係性を切って、次に行く。

 

これでは結婚に近づくことなど出来るはずがありません。

写真を載せたくないワガママが許されてしまう

手を出しやすいという理由から、婚活アプリでは知り合いとバッティングしてしまう事があります。

会社の同僚が婚活アプリに登録していた。

偶然昔の旧友をアプリで見つけた。

 

大きな会社にいたり、周りに女性がいない職場で働いていると、こういった事が起きます。

 

こういった背景があることから、知り合いに婚活をしている事を知られてなくない事から、写真を掲載しないで婚活アプリを利用する人もいます。

 

男性であれば写真無しで活動をすると、まず反応が取れませんが、女性で条件が良い(若いなど)と写真なしでもいいねが来てしまうのです。

女性側は自分たちが売り手市場であることを悪用し、写真無しで活動。

いいねをくれた男の中から、自分に都合のいい人だけを選び、メッセージのやり取りをしてしまいます。

 

写真を載せずにお見合いをするのは常識的に考えられないことですが、そういったワガママが通ってしまうのが婚活アプリなのです。

ワガママを通して活動している人に誠実さをあなたは感じますか?

写真詐欺が多い(snowだらけ)

男性女性関係なく、snowを使った補正バリバリの写真をプロフィールに掲載している人が多いです。

snowを使うことで見栄えのいいプロフィール写真が誰でも簡単に作れるのですが、実物と乖離した写真になってしまい、オフラインであった時に幻滅をすることに。

 

写真と実物が違うと、相手は騙された…と感じてしまい、不信感に繋がってしまいます。

アプリではsnowを使うのが当たり前という価値観が横行してしまっており、実際の容姿や魅力を正確に表現している写真を掲載する人がバカを見ています。

 

真面目に活動する人が報われない。

そんな場所にあなたの大切な時間とお金を使う価値は皆無です。

並行や併用で無限に消耗する(にもかかわらず結婚率が低い)

相談所と異なり、成婚率が公表されていないため、どれぐらいの試行回数を繰り返せば成婚にたどり着けるのかはアプリでは不明です。

一般的な結婚相談所の成婚率は10%〜20%程度です。

 

高い利用料金と審査を経て活動をしてもこの数字なのです。

アプリでは前述の通り、ちょっとでも気に入らないと相手を切ってフェードアウトする人ばかりなので、成婚に近づくのは極めて難しいです。

 

そのためアプリで婚活をする際には、複数のサービスを併用して利用するのが当たり前となっています。

 

僕自身もピーク時は4社から6社のアプリを常用しており、毎日アプリのチェック、メッセージのやり取りだけで3時間は使っていました。

それだけやっても実際に出会えた人は数えるほど。

交際にまで進めた人は一人もいません。

 

アプリで成婚までゴールインするのは、よほど容姿や年齢といった条件がいい方だけであり、大半の人にとって無理ゲーなのです。

危ない(結婚詐欺、ヤリモク、ネットワークビジネスの勧誘がいる)

出会いの場として純粋に利用するのではなく、ビジネスの勧誘や結婚詐欺師、遊び相手を探すために利用をしている人が登録をしています。

運営側も対策をしているのですが、別人になりすまして再入会を繰り返す悪質なユーザーもいるため、いたちごっこになっているのが現実です。

 

あなたの目的は結婚をすることであり、結婚詐欺師に騙されたり、遊び相手として時間を奪われることや、ネットワークビジネスの勧誘を受けることではないはずです。

 

結婚に向かって最短ルートを歩みたいのであれば、危ないリスクが多々潜んでいる婚活アプリを利用することはおすすめしません。

 

「アプリは信用できない」

結婚相談所で出会った女性は、口を揃えてこのように話してくれました。

 

僕も同意です。

どこの馬の骨かわからない人とやり取りをすることはリスクでしかありません。

 

得られるリターンは低い。

取ってるリスクが高い。

 

婚活アプリを利用する事は、ハイリスクローリターンな投資です。

厳しい審査と高い会費で真剣度は高まる。本気度が高い人が集まる場所に身を置くべき

あなたは結婚相手に何を求めますか?

 

恋愛結婚は自由度の高い交際を提供してくれますが、相手の身元や経済状況、学歴、キャリアに保証がありません。

結婚をしてみたら、思っていたのと全く違う相手だった。。

こういった事が当たり前に起きるのが、恋愛結婚の世界です。

 

一方で結婚相談所であれば、身元が確かな人だけが登録を許されます。

結婚しているのに未婚とウソを付く人はいませんし、ネットワークビジネスの勧誘をしている人もいません。

学歴や収入に関しても、証明書で裏付けられた数字が掲載されており、結婚をする前に相手のスペックを知ることが出来ます。

 

入会に身元審査があり、高いお金を払った人だけが登録できる。

この事で質の悪い人は排除され、結婚に対する本気度、短期成婚を意識している人だけが集まる場が形成されるのです。

 

アプリで出会った人が既婚者だった。

ビジネスの勧誘目的の人だった。

いつまでに結婚するのか全く考えてない人だった。

 

相手に期待をして裏切られる思いをするのはもう終わりにしませんか?

 

本気で結婚を考えているあなたに必要なのは、結婚相談所で活動開始するという決断です。

まとめ:大半の人は婚活アプリに向いてない。無理ゲーで消耗するのは避けるべきです

手軽に利用できる反面、その実態は無理ゲーなのが婚活アプリです。

 

真剣に結婚を考えている人ほど、婚活アプリで結果が出ないのは自分に原因があるのでは?と考えてしまい、ドロ沼にハマっていきます。

アプリで結果が出ない、真剣度が高い人と出会えないと悩んでいる人は、真面目に結婚に向き合えている証拠です。

 

誠実なあなたという人間がアプリを使ってしまったがゆえに、婚活疲れになってしまう。

これは由々しき事態です。

 

僕は正当な努力をする人がきちんと評価をされて結果を出すべきだと考えています。

 

アプリを辞めて結婚相談所で身元が確かな人を相手に活動をする。

 

本音で語り合え、相手の良くないところも受け入れられる。

そんな人を見つけられるのは、相談所だけです。

 

アプリで消耗するのは今日この瞬間で終わりにしましょう。

そこにあなたの未来のパートナーはいないのだから。

タイトルとURLをコピーしました