婚活パーティーは結婚には不向き【効率もコスパも悪すぎる】

婚活パーティー結婚できない 婚活パーティー

童貞婚活メルマガ

こんにちは、細野です。

婚活をスタートさせようと思った時、すぐに思いつくのが婚活パーティーではないでしょうか。

 

アプリや相談所ではお互いがマッチングをしないと会うことが出来ません。

しかしパーティーであれば、参加を申し込めば、必ず出会いの場を手にすることが出来ます。

 

参加費は1回あたり数千円程度〜とそこまでハードルも高くない。

女性慣れしてない人が場数を踏む練習台として利用することもできる。

 

僕自身が最初婚活をはじめるにあたって、手を出したのがアプリとパーティーでした。

経済的な負担の少なさ、提供されるサービスのイメージのしやすさ、実践がしやすいと考え、この2つに焦点を絞ったのです。

 

実際に婚活パーティーに参加して思ったのは、出会いの場にはなるし、場数も踏める。

参加している女性の質も悪くない。

 

しかし、女性慣れしてない人には無理ゲーだし、結婚には近づけないという結論に至りました。

 

この記事ではかつての僕と同じように、婚活パーティーに参加しているが手応えを感じられなかったり、結婚に近づくイメージが持てない方に向けて、婚活パーティーのリアルな実態を包み隠さずにお伝えしていきます。

 

記事を読み終える頃には、婚活で成功するための最短ルートと心構えが理解できるようになっているはずです。

パーティーは時間とお金だけでなく、あなたの心も消耗させていきます。

あなたが短期間で成婚をしたいと考えているならば、婚活パーティーに参加することはおすすめしません。

婚活パーティーが質の高い結婚をしたい人に不向きである理由

婚活を始めたばかりの方には、なぜ婚活パーティーが結婚を本気でしたい人に向いていないかが理解できないと思います。

 

このパートでは婚活パーティーの相場、参加前からマッチングまでの流れを解説します。

 

まず婚活パーティーの見つけ方です。

婚活パーティーは大手から、ベンチャー企業まで多くの会社が参入しています。

 

毎日どこかでパーティーが開催されており、イベントを探すことに苦労はないでしょう。

 

僕であれば東京に住んでいますが、東京駅近郊、新宿近郊、渋谷近郊などで開催されている婚活パーティーに参加をしていました。

 

参加前の流れとしては

参加できる婚活パーティーを探す
その婚活パーティーの趣旨が自分に適しているか判断
申込みをして参加費を支払う

というのが一般的です。

 

参加費は前払いという所が多く、僕の場合はクレジットカードで支払いをしていました。

銀行振込でも対応をしてくれますが、開催当日だと入金確認が間に合わないこともあるので、クレジットカードやデビットカードでの支払いがおすすめです。

 

次に婚活パーティーのコンセプトです。

食事やお酒が提供されるものから、ドリンクのみ、飲食の提供は一切なしの所まで様々です。

 

僕は飲み会や食事がついてくるタイプではなく、多くの人と会話ができる婚活パーティーに参加していました。

 

参加後の流れは、

会場に到着をして受付
自己紹介シートや名札を記入
席に着席し、パーティーの開始を待つ
開始後、参加者と一人ずつ会話をしていく

上記を繰り返していきます。

 

一人あたりの会話は数分から長くても5分程度。

それを数十人単位で繰り返し、最後に気に入った相手にマッチングの申込みを行います。

双方がマッチングをした場合、パーティー終了後に二人で自由に行動をできるようになります。

 

マッチングをしなかった場合は、会場から退場をするように指示が出ます。

男性から先に退場をし、マッチングしている方は指定の場所で待つというルールが多かったです。

 

男性から退場させる理由としては、トラブルを防止することが目的と思われます。

 

上記のような流れでパーティーは開催をされていくのですが、一人あたり数分の会話で相手を理解するのは不可能ですし、気分が乗らない相手とも会話をしなければならず、時間効率が非常に悪い。

 

そしてマッチングをしたとしても、相手と結婚ができるわけではなく、知り合いとして交際がスタートするだけです。

婚活パーティーには独身証明、収入証明や学歴を証明を求められることはありません。

 

受付時に身分証明だけは行われましたが、経歴や収入に関しては偽証も可能。

既婚している人が遊び相手を探すために参加することも可能という状態でした。

 

もしあなたが身元が確かな人と、質の高い結婚を短期間でしたいと考えているのであれば、婚活パーティーに参加することをおすすめしません。

婚活パーティーは短期間で多くの異性と会話を出来るチャンスがありますが、参加者の質や自分と相性のいい人と出会えるかは完全に運です。

 

結婚に進むまでには何度もパーティーに参加をして、マッチングをした人と交際を深めていかねばなりません。

そして相手の結婚に対する意識が自分と異なっていたり、すぐに籍を入れるつもりがない人もいたりします。

 

自分自身も婚活パーティーに参加していた頃は、2年から3年程度交際をして納得した上で籍を入れるというスタンスでした。

覚悟が固まってない人と交際をしても、結婚までの距離は縮まりにくいし、質の高い出会いは期待できません。

 

数千円の出費で軽いノリで参加できてしまう出会い、参加のために最低でも数十万を支払わないと手に入らない出会い。

身元の証明書類審査が行わない環境と身元の証明と審査が厳しく行われる環境。

 

どちらに質の高い出会いが待っているかは明確です。

恋愛経験が浅い人はひたすら疲れて病む

当サイトは、恋愛経験が浅かったり、皆無な人のために情報発信を行っています。

僕らのように離れをしてない人間にとって、複数の他人と何度も同じような会話を続ける事は相当な負担がかかります。

 

自分が魅力を感じた人との会話なら別として、全く興味がなかったり、タイプじゃない方とも会話を続けなくてはならない。

コミュニケーションに自信があったり、容姿に自信があるなど、何かしらの武器がある人でないと婚活パーティーは厳しいです。

 

あなたが20代であれば経験として婚活パーティーに参加してみてもいいかもしれません。

しかしすでに30代に突入をしているなら、婚活パーティーで消耗している場合ではありません。

 

婚活市場では年齢が最も強い武器となります。

年齢が上がれば上がるほど、あなたが結婚するのは難しくなっていきます。

 

だからこそ婚活パーティーのような結婚に直結しないイベントに参加をするべきではありません。

精神的にも消耗するし、お金も時間も無駄にして、結婚から遠ざかってしまいます。

 

結果が思うように出ない中で頑張り続けられる人ばかりではありません。

一度婚活疲れに入ってしまうと、行動は鈍化。

 

出会いの場に参加することが億劫になったり、精神的に疲れてしまい何もやる気が起きなくなってしまう事も。

 

少しでもいいから手応えを感じられる場に身を置くこと。

そして婚活アドバイザーや相談できるコンサルタントに自分の行動を定点観測してもらい、改善をする。

 

自分に適した場、自分の魅力が伝わりやすい相手、相性のいい人の絞り込み。

これらが実現できるのは、結婚相談所とアプリだけです。

 

アプリはこちらの記事で書いている通り、僕らのような陰キャには無理ゲーです。

そして質の高い人もいません。

婚活アプリでうまくいかないのは必然。本気度が高い人はいません
婚活を始めようと思った時に、多くの人にとって手軽なのは婚活アプリではないでしょうか? 女性であれば無料でスタートすることが出来、男性でも月に3000円程度の負担で始めることが出来ます。 スマホがあればどこからでも相手を検索してメ...

 

質の高い出会いを積み重ねていく事で、適切な改善が行われ、あなたは結婚に近づいていきます。

まとめ:本気で結婚したいならパーティーはやめよう

結論として、短期間で成婚を目指すなら婚活パーティーは避けるべきです。

 

婚活パーティーにはサポートなければ、あなたを結婚させるためのプランも用意されていません。

場は提供するが、あとは自分で頑張れというのがパーティーのスタンスなのです。

 

また一部の婚活パーティーは結婚相談所を運営していて、相談所に勧誘するための入り口として運営していることもあります。

結婚相談所は良い所とハズレがあり、比較をせずに決めてしまうことは危険です。

 

大手で実績があるところでも担当者が適当だと結果が出ませんし、有名でない会社が運営していても担当者が熱心に自分のために動いてくれれれば結果が出やすいです。

安易に活動の拠点を決めるのではなく、比較をきちんとやりましょう。

 

泥臭い努力は遠回りに見えるかもしれませんが、地道な積み重ねが結婚しやすい自分へと成長をさせてくれます。

 

婚活は正しい努力をすれば1年以内には結果を出すことが出来ます。

適切な環境で質の高い出会いを繰り返し、信頼できる担当者やコンサルタントからサポートを受ける。

 

我流で取り組んでいるとこの期間が2年、3年と長くなっていき、結婚に対する意欲が失われていきます。

 

結婚したいという純粋な気持ちを夢物語で終わらせないためにも、きちんとした環境で行動を継続することを意識していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました