男でも見た目は大事!婚活で断られないための対策方法

婚活男見た目 清潔感

童貞婚活メルマガ

こんにちは、細野です。

 

婚活で大事なことは何か?と聞かれたら、第一印象でNGと思われない事と答えます。

 

女性慣れをしてない我々にとって、1回1回の実践における経験は非常に貴重。

入口の部分でお見合いをOKしてもらえないと、場数を踏むことが出来ず、改善を行うことが出来ません。

 

結婚ではお互いの相性や価値観の一致(共感)が大事であることは言うまでもありません。

しかし結婚に至るまでには、自分が良いと思う方とお見合いをし、そこから関係性を発展させていかなければなりません。

 

僕自身が最も苦労したのが、最初のお見合いから先に進むことが出来ないことでした。

プロフィールに関しては自分で改善し、それなりに反応の良い紹介文と写真を作り込むことに成功。

お見合いに進んでから先の、自分と相性のいい人を見つけるという段階でものすごく苦労をしました。

 

今回は婚活における見た目を、どのように改善していけばいいか解説します。

中身も大事だが見た目がダメだだと会ってすらもらえない

結婚相談所に登録をして活動をしている人は、結婚に対する意識が高く、真面目に活動をしている人です。

アプリやパーティーと異なり、支払うお金、結婚に対する覚悟が高く、質の高さが明確に異なります。

 

しかし結婚に対して真剣であるということは、それだけシビアに自分がジャッジされるという意味でもあります。

 

具体的には

あった時に体臭が強いと生理的に無理と思われ、断られる
ムダ毛の処理や散髪をしてない髪型は清潔感がないと思われる
薄毛という時点でNGになる

といった具合で、会う前の段階で断られてしまう事が多々あるのです。

 

だからこそ早期成婚を目指すのであれば、自分の魅力を伝える写真とプロフィール文作りを徹底し、お見合い当日にNGと言われてしまう要素を排除していくこと。

そうする事で結婚しやすい性格や外観になっていき、お見合いの成功率が上がっていきます。

 

お見合いが成立したたあとにも、

会話が盛り上がらなかったり、相手を楽しませることが出来ないと次はないと判断される
服装がお見合いに適しておらず真剣に結婚する気があるのか疑われる
集合場所やお見合いをするお店の準備が不十分

といった具合で、断られる理由はいくつもあります。

 

こういった壁を一つ一つ乗り越えるために、場数が必要ですし、場数を詰むために断られないことが大事になってきます。

 

恋愛経験が少ない人からするとこの時点で無理ゲーと感じてしまうかもしれません。

実際、結婚というのは無理ゲー感が満載のガチャであり、自分と相性のいい人と出会えるまでは出口の見えない時間が延々と続いていきます。

 

こんな事やっていて本当に結婚できるのかな…。

 

行動力と継続力には自信がある僕ですら、何度もこのような事を思っていたのです。

 

婚活はセンスのいい人でも半年はかかりますし、平均的には1年前後の期間が必要。

週末や祝日の全てを婚活に捧げて、多くの人と出会い経験を重ねる。

そうやって泥臭く行動を継続し続けた人だけが、成婚にたどり着くことが出来るのです。

 

当サイトは、結婚を本気でしたいと思っているが何をすれば結果に繋がるのかわからないと悩んでいる方に、具体的かつ即効性が高い技術を発信しています。

僕自身が恋愛偏差値0という所からスタートして、実際に1年で成婚出来ているので、あなたも諦めないで下さい。

 

一つ一つ技術を身に着け改善していけば、結婚は出来ます。

生理的不快感を排除する

こちらの記事でも詳しく解説してきましたが、清潔感がない男性というのはとにかく嫌われます。

清潔感対策をして婚活で断られにくい自分を作る。具体的な対策を紹介


清潔感というのは抽象的な言葉ですが、具体的にどう対策をすればいいのか?

 

それは簡単で人が不快を感じる要素を知り、自分がそれに該当しないように対策をすればいいだけです。

以下に不快感を女性が感じる要素と、それに対する対策方法を解説します。

体臭(口臭、ワキガ)

まずは体臭です。

 

プロフィールや写真の印象が良くても、実際にあった時に臭いと思われたら終わりです。

 

体臭は自分では気がつけないかもしれませんが、ケアをすることで対策が可能です。

まず婚活に来ていくファッション。

 

自分のファッションに自信がない方は、leeapのような洋服レンタルサービスをおすすめします。

モテファッションを身につけるなんて嫌だと思うかもしれませんが、婚活期間中だけでもいいので魂を売りましょう。

 

ファッションがNGで断られるよりも、一時的にモテファッションを受け入れて色んな女性と会うチャンスを得る。

こちらのほうがあなたの幸福に直結をしていくはずです。

 

スーツを着てお見合いに臨む方は、シワがないスーツを用意すること。

よれたりシワがある服は清潔感がないのでNGです。

 

古くなっているスーツを着ているのであればSADAのようなオーダースーツを作る。

ワイシャツもクリーニングに出した洗いたてのものを着ていくようにしましょう。

 

次に体臭ですが、デオドラントスプレーや香水を使い、汗や体臭のケアをしっかり行う。

これを徹底しましょう。

 

デオドラントスプレーを使っても体臭が消えない方は、ワキガの可能性もあります。

ワキガは治療をできるので、手術で治してしまえばいい。

 

一生周りから臭い人と思われたまま生きていくのはみじめです。

婚活だけでなく、臭い人は日常の様々な面で損をしてしまうので、対策を徹底して臨みましょう。

薄毛(ハゲ)

程度にもよりますが、ハゲというのは第一印象でマイナスになる事が多く、対策をしたほうがいいです。

 

スキンヘッドにしたり、薄毛に特化した理容室でカットをしてもらうという対策もありですが、あなたの薄毛がAGAという病気によって起きているのであれば治療をおすすめします。

 

僕自身も30代に入ってから薄毛が進行し、一時期は絶望をしていました。

しかし治療出来ることがわかってからは、AGA治療に着手。

時間はかかっていますが、少しずつ毛髪量を増やすことに成功しています。

 

AGA治療は短期間では結果が期待できないので、半年から1年ぐらいは期間をみたほうがいいです。

ハゲを治療しつつ、婚活も頑張る。

 

僕自身もそうしていましたし、あなたにも対策をすることをおすすめします。

 

ハゲに似合う髪型や、ハゲをネタに婚活をするのもNGではないのですが、治療をしながら課題を改善している姿を女性に見せていくほうがいいです。

僕自身は問題に対して真摯に向き合い、解決しようと努力できる人間と評価されることが多く、ハゲ治療をしていることがマイナス評価になった事はありません。

 

開き直ってハゲ散らかした頭のままでお見合いに行くよりも、治療を頑張りつつ、自分の魅力を伝えていくほうをおすすめします。

 

何かを頑張ってる人に悪い印象を持つ人はいません。

ムダ毛処理

鼻毛が出ていたり、眉毛を整えずにお見合いに参加をしていませんか?

 

鼻毛カッターを使えば鼻毛のケアを自宅で行えるし、眉毛は美容室などで1000円程度でやってもらう事が出来ます。

 

僕であれば月に1回は散髪と同時に眉カットをし、自宅では鼻毛カッターを週に数回使っていました

 

意識をしないと気がつけない部分ではあるのですが、鼻毛と眉は結構見られています。

爪の汚れ

爪に汚れが残っていたり、長すぎる爪はNGです。

お見合い前日には必ず爪が伸びすぎていないかチェックし、お風呂に入って清潔にしてきましょう。

 

爪は何もしなくても汚れが溜まりやすい部位なので、ケアがおろそかになりがち。

女性は男性の手元も割と見ているので、気を抜かないよう注意しましょう。

 

爪が汚いと清潔感がないと思われてしまい、お断りに直結してしまいます。

ヘアスタイルを整える

洗いたての髪でお見合いに行くのではなく、ワックスやジェルで形を整えてからお見合いに臨みましょう。

 

髪が伸びている時は散髪をしておきましょう。

 

自分でヘアスタイルが決められない方や、ヘアメイクがわからない場合は、美容師に相談をしましょう。

流行のヘアスタイルやあなたの頭の形に合ったスタイルを提案してくれるはずです。

実際に会ってからの印象を改善する

このパートではお見合いの現場で改善すべき項目について、一つ一つ解説をしていきます。

会話のリズムを身につける

会話のキャッチボールは、普段から他人と会話をすることになれてない人には、非常に苦労をすることです。

 

僕自身もコミュニケーションに自信があるわけではなく、女性と普段から会話をする事には慣れていませんでした。

 

お見合いの場で何を話せばいいかわからない。

 

これは多くの男性が悩むことだと思います。

 

僕が会話のネタとして用意していたのは、

その日の天気

仕事(事前にプロフィールを読んでおき質問を考えておく)

趣味

といった定番ネタから入りつつ、会話の中で相手と自分の共通点を見つけることに力を入れていました。

 

なぜ相手と自分の共通点を見つけるのが大事かというと、自分と同じ経験や価値観を持つ人とはまた会いたいと思うからです。

 

会話の中で相手と自分どちらも興味を持っているネタや、似たような経験をしてきていないか探していきます。

 

事前準備として相手のプロフィールをしっかりと読み込んで、質問を考えておくのは基本。

相手がリードをして会話を盛り上げてくれることもありますが、男性慣れしていなかったり、愛想が良くない女性が出てくることもあります。

 

婚活なれしている女性の中には、話のネタをどんどん振ってくれる方もいますが、基本的には女性は受け身です。

男性がリードできるように、相手に興味を持ち、質問をしていきましょう。

 

自分が知らない事であっても興味を持ち相手に質問することで、相手が教えてくれます。

自分に興味を持つ人に悪い印象を持つ人はいませんから、質問をしつつ話を広げる。

自分だけでなく相手にも話してもらう。

 

これを実践することで、あなたの事をいいなと思ってくれる女性が増えていくはずです。

 

ただ、この方法を実践しても、話が噛み合わなかったり、やる気を感じられない女性がいるのも事実です。

すでに相手が決まっていて消化試合をしている人や、スペックにつられて来ただけの人とわかったら、手短に話しをまとめつつ、お別れしましょう。

 

断られにくい努力はするべきだけど、自分に対して失礼な態度を取る人や、会いに来てやっているんだという上から目線の人と結婚は考えられません。

僕の経験上、会った時点で違和感を感じたり、相手が楽しくなさそうな態度をしている時に、そこから交際が進むことはありません。

 

お見合いの時間は1時間程度ではありますが、噛み合わないと思ったら20分程度で切り上げてしまってもいいです。

自分も相手も時間を無駄にするだけなので。

集合場所やお見合いをする場所の事前準備はしっかりと

お見合い当日の集合場所や、お茶をする場所は事前にしっかりと調べましょう。

 

集合場所への遅刻は印象を悪くしてしまいますし、食事やお茶をする場所がわからずに相手を連れ回すのは失礼です。

 

ある程度仲が浸透してない段階では、女性はヒールの高い靴を履いて来てくれるはずです。

男性にはわからない悩みですが、ヒールというのは歩きにくく、長時間歩いていると足が痛くなってきます。

 

あなたが事前準備を怠り、道に迷うことで、相手には大きな負担がかかる事を忘れないで下さい。

 

駅からアクセスが良いお店を準備する

自分の中の定番を用意しておく

 

準備をしっかりやる事できちんと対策が出来ます。

 

僕であれば、

ルノアールや椿屋珈琲など、婚活で使っても違和感がなく、混雑しすぎてないお店を複数用意していました。

 

利用する結婚相談所によっては、お見合いの場所までセッティングを行ってくれます。

しかしお見合いが成立して仮交際に発展した後は、自分でデートプランを練って、お店の予約までをセッティングしなければいけません。

 

これらは婚活中だけでなく、結婚をした後や、仕事でも大いに役立つスキルなので、身につけましょう。

 

食べログのアプリを使いつつ、現場で経験を積んでいけば、どんなお店を選べばいいかは徐々に見えてきます。

 

仮交際に発展をした後は、相手の連絡先もわかるので、デートの後は必ずお礼のメールと次回の約束を取り付けるようにしましょう。

お礼のメールをその日のうちに送ることで、相手に真剣さが伝わり、評価が上がります。

まとめ:人は見た目が8割。だからこそ第一印象にこだわろう

自分という人間を理解して欲しい、中身で評価をして欲しい。

 

これは男性であれば少なからず思っている願望ではないでしょうか。

 

男というのは本能的に周りから凄いと認められたり、称賛されることを求める生き物です。

 

しかし結婚という場においては、あなたを理解する前にあなたの価値を認めさせることの方が大事なんです。

 

私はあなたと仮交際に進む価値がある人間。

私は仮交際から真剣交際にステップアップすべき人物。

私は生涯の伴侶として相応しい内面も兼ね備えた男。

 

入口の部分ではあなたという人間のすべてを伝えきることは不可能です。

 

あなたの内面は、何度も交際を繰り返している間に、徐々に伝わっていきます。

最初にあなたが目指すべきことは「もう一度会ってみてもいいかな」と相手に感じてもらうことです。

 

そのためにはマイナス評価につながる要素を排除し、相手が楽しく居心地が良いと思える空間を提供していくことが大事です。

 

今回記事で紹介した考え方は、一見当たり前の事なのですが、実践しようとすると難しいと感じることもあるでしょう。

 

経験を積むこと。

日々の失敗やフィードバックから学び続けること。

 

ここを徹底して、結婚に近づいていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました